一般的によく使われる材料の説明
<<参考>>
  作品の説明に特に表記がない場合は下記の赤い字で
  説明されている物が使われています。

  下記以外にも材料は多種あります。
  作家の方が特記してある場合は作品中に記載しています。
生地
☆モヘア・アンゴラ山羊の毛
 100年以上持つといわれる最高級品の生地です。
作品中に明記されていない場合はモヘア使用です。
*モヘアのタイプとしてストレート・スパース・ディストレス
 ショート・ラティニティ他などがあります。

☆アルパカ・アルパカ山羊の毛
 手触りがモヘアよりやわらかめです。

☆ウール・羊の毛
 手触りが少し堅くリアルな感じです。
 

☆フェルト
 ドイツ製 バージンウール100%を使用した上質なフェルト
 手のひら足の裏に使用します。

他に・・・
☆ビスコース
 レーヨン素材・ミニチュア作品にも最適

☆ミニチュアファー
 ミニチュア作品に最適

☆ウルトラスェード
 しなやかさがあり扱いやすい生地です。
 手のひら足の裏の他、オープンマウスの口の中など
 幅広く使われています。

☆グラスアイ・ガラスの目
 ひとつひとつが職人による手作りです。
 いつまでも透明感のある輝きが特徴です。 
 強い衝撃を与えると割れてしまいます。
作品中に明記されていない場合はグラスアイの黒です。

☆アンティークシューボタン 
 半光沢な木製のボタン
 アンティーク風な作品に使われます。

☆オニキスビーズ
 オニキス(石)で作られたミニチュア用の目


☆プラスティックアイ
 透明感は長続きしませんが
 多少のことでは割れる心配がありません。
 丸洗いができる作品などに使います。
 

ジョイント
首・腕・足(5ジョイント)が基本です。
☆ハードボードジョイント・
 一般的によく使われています。
 ボードの部分は紙を圧によって堅くした物なので
 濡れたりすると弱くなります。
 普通はピンを巻いて固定されていますが
 大きなサイズの場合、ピンの代わりにボルトとナットで
 固定する場合もあります。

☆プラスティックジョイント
道具を使わないので初心者でも簡単にできるジョイント。
 締め具合に限界がありますのでゆるみやすいです。
 丸洗いできる作品などにも使います。
 

詰め物
☆化繊綿(ポリエステル100%)

☆木毛
 
☆ペレット
 粒上のプラスティック
 適度な重量感が出て心地よい感触を出すときに使います。

他に重量感を出す材料として下記のような物があります。
☆グラスビーズ
☆ステンレスボール