*** 2003年7月 ***

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ
by Miho

7月26日(土)
待望の・・・
本当に待望のナウシカが発売になるっ!!
ジブリファンの方は多いと思いますが
何が一番好きですか?

私にとって、一番は何と言っても
「風の谷のナウシカ」
本もレーザーディスクも持っていて、
何回も見ています。
それなのにDVDが唯一
発売されていませんでした。
いつだろう?と
何年間も待ち続けていたんです♪
ランランララ、ランランラン♪
セリフも言えちゃうほど大好きなナウシカ、
11月19日までワクワクしながら
待ちたいと思います。
ストーリーが大好きなので
コレクターズBOXが欲しいわけではありませんが、
やっぱり、フィギアセットかな?

映画や本の続編が発売になる時って
私はその前に前の作品を
必ず読み返したりするタイプ。
ナウシカは続編ではないけれど・・・
11月までにまた何回も見てしまいそうです
(^−^)
これって我慢した方が良いのかしらん・・・。


7月17日(木)
ベアを作り続けて・・・
嬉しい瞬間がいっぱい増えたみたい。
今週は偶然ですが、
ベアをプレゼントする事が続きました。
私は10周年の記念日に、アンティーク風のベアを。
ジュンちゃんは米国に帰国するお友達に。
北島さんは赤ちゃんが産まれたお祝いに。

ベアの販売をさせていただくようになって
プレゼントする機会が減りがちだったのですが
差し上げる瞬間の笑顔が一番好き!!
手作りだから私の独りよがりではないかしら?と
心配したこともありますがテディベアは大丈夫みたい

北島さんは男の子が産まれると
ベアを贈る習慣があるというお話をしましたら
「それでピーターパンの子はベアを持っているのね」
と言われたそうです。
たまたま私のピーターパンの
クッキーの型紙だったそうで、
それも喜んでいただき、
名前はクッキーに決まりました。
それに偶然100日目の赤ちゃんと
ベアの身長が同じだったそうです。
なんだかとても嬉しいお話でした(^−^)

親ばかの私は19日から
始まるピーターパンのミュージカルを
今年もまた見に行きます。
振付の玉野さんも大好きだし
クッキーはフライングするのかなぁ?
東京国際フォーラムに
怪しい大人がウロウロしていたら、私たちです。

7月5日(土)
久しぶり上野動物園にベアツアーです。
去年は動物解説員の方に説明をしてもらったのですが
今回は人数も少なく急だったので
私が説明しながら回りました。
にわか解説員の私は
パンダの6本目の指の話や頭蓋骨の話・・・
運動場に出ていた昨年と違い
リンリンは寝てばかりでしたが可愛い。

まず最初はえぞヒグマの所に到着。
大きさに圧倒されながら
世界のベアの種類を説明したり
骨格や足の裏やじっくり見ました。
上野は狭いせいか
同じ所を歩きストレスによる行動が多いです。

隣のマレー熊にはビックリ。
一匹が太りすぎているのか
皮がタポタポ・・・下を向けばポンパドール婦人。
座ると腰回りは3段腹くらいにタポタポ・・・。
おいおい!
でもこれは見ないと理解してもらえないかも?
太ったチャウチャウを思い浮かべてください。

ポーラベアは元気な時間に会えました。
いつもは寝ていたりストレス行動の多い2匹ですが
お水に飛び込んだり
抱き合ったり、回転したり、
くんずほぐれつと遊んでいました。

でも掲示板にも書いたのですが
信じられない人達が・・・。
ヒグマにはリンゴを投げ込んでいる人を見ました。
ポーラベアにはスナック菓子のような物を・・・。
とたんに空気が変わってしまいました。
ポーラベアの時はその人の後ろに回り込んでいくと
立ち去りました。
でも得意げでその人は悪びれてはいません(怒)

動物園の在り方にも悩む事がありますが
これは人間のエゴでしかないですよね。
エサが欲しくてその方向ばかり見てて
手を動かすベア・・・
悲しくなって帰ってきました。

by Junko

7月26日(土)
東京はぐずぐずと梅雨が明けないでいます。
7月の後半・・本日は隅田川の花火大会だそうで
お天気は持ち直したみたいですね。

子供の頃は夏休みが楽しくて大好きでした。
私たちが小学生の頃は可愛かった・・・(笑)
今の子供達のようにお化粧には興味がなかったなー
高学年になると洋服では色々と
母親を悩ませたのかも知れないけど
(こんな服が欲しい、あんな服も買って)と
さすがに化粧品は
友達同士でも話題にならなかった。
せいぜい、洗顔石けんくらいだった気がする。
(化粧品じゃないし)
あつ!思い出した!
唯一(?)お化粧セットらしきもの
ウテナお風呂セットというものの中に
リップクリームくらいは入っていたかも。
でも、それだって
おもちゃやさんで売っているたぐいのものでした。
それが今ではお化粧ポーチを持っている小学生が
フツーだという小学生の発言を聞いて
「それでよいのだろうか??」
と私の中には疑問がいっぱい。
もちろん、そのお化粧ポーチの中には
口紅、マスカラ、アイシャドウといった
お化粧品の定番がズラリ。
今は100円ショップでも
化粧品が売っているので
お小遣いの範囲で楽しんでいるのだろうけど。
今ひとつ、
私には納得のいかないことが多い世の中です。
流行や価値観は時代によって
変わっていくものもあるので
仕方のないことなのでしょうか?
この時期はそんなことばかりを考えてしまいます。


7月17日(木)
友達は生まれたばかりの赤ちゃんと
2歳のKENTAと私の作ったベアを抱えて
今日、アメリカへ帰国予定です。
とっても喜んでくれました。
正確には、とっても感心していました。
「これを作れちゃうの!?!」って。
そう、ともだちの知っている私という人物は
『手芸をやる』が信じられなかったみたい。
無理もない・・・(笑)
KENTAは早速、私が作ったベアを
ジョナサンの床の上に
投げてくれたりしてくれたけど(笑)
最初に手渡してご対面したときは
満面の笑顔でひとこと
『ワ〜ォ!!』
(さすがハーフ)
きっと、いろんなことをされて
可愛がってもらえるだろうと思います。
飾っておくベアも素敵だけど私のベアは
ボロボロにされてこそ本望かも知れません!
『壊れちゃったら直すから言ってね』と。


 7月5日(土)
掲示板の話の続き・・
子供の頃に『ぶたやま』
という遊び場がありました。
正確には『遊び場』ではなくて
どなたかの私有地だったのでしょうが
近所の原っぱ感覚で遊んでました。
いまでは【責任問題】
(子供が怪我した時とか)等々の
問題で空き地で遊ぶことはないのでしょうが
私が子供の頃はこういう空き地がまだありました。
もちろん、親は
『危ないからダメよ』と言っていた気もします。
(言うことを聞かない子供だったんだこれが(笑))
さて、この『ぶたやま』
山と言うよりは『土手』のようなもので
でも、斜面部の上から下までは
25mは楽にあった気がします。
何しろ子供の頃の感覚なので
正確さはありませんが。
そこでの遊びは、お決まり(?)の滑り台です。
段ボールをソリ代わりにして滑るってやつです。
でも、下はもちろん雪や氷じゃなくて草!
これは秋口の枯れかかった時が一番滑る(笑)
何が楽しくて、
何度も滑っては登り、滑っては登り、、

そんな『ぶたやま』のはじっこに
豚舎があって《ブフィー〜》がいたのです。
原っぱの方(斜面)で遊んでいるときは
気にもしないのですが
ブタを見に行くときには
『人様んちを覗いてる』って感じで
子供ながらに遠慮しながら・・・・というより
見つからないように(笑)見に行きました。
でも、臭いがぁぁぁ(笑)

近所にはお兄ちゃんが多かったので
男の子遊びが多かったです。
人んちの裏の塀の上を歩いて怒られたり・・・
基地を作って日が暮れるまでその中にいたり・・・
子供の頃の一日って長かったわけよねぇ・・・。

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ

テディベアショップ・テディベア教室
アイザックベル
URL http://www.isaacbell.co.jp
所在地:東京都中野区新井1-14-16-B111 TEL:03-3389-0998
E-mail isaac@isaacbell.co.jp
copyright 1999〜 Isaac Bell All Rights Reserved
このホームページの無断転載、引用は禁止します。