*** 2004年3月 ***

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ
by Miho

3月26日(金)
冷蔵庫にすっぽり入ったみたい・・・
東京は桜の開花宣言から寒い日が続いています。

ちょっと前にとても感動した
ドキュメンタリーのお話。
山で最後を迎えたいと言う
田中寅夫さん89歳、フサ子さん85歳を
13年間取材したお話でした。
電気もガスも電話もない不便なところで
山の仕事をしながら
自分たちの力で生きていく様子は幸せいっぱい。

お子さんやお孫さんにも恵まれているお二人なのに
自分たちの人生を二人で決めていきます。
そこには決して我が儘ではなく、愛がありました。

その番組を見たときに感じたことは
う〜ん、上手く表現できないのですが
自然の中で暮らしていることがすごいとか、
高齢なのにすごいとかではなかったんです。

とにかく寅夫さんがかっこよくて、
おばあちゃんが可愛くて・・・

最初は山にこだわる両親に何とか戻って欲しいと
願っていた子供達も
みんなで協力するように変わっていきます。

痴呆の事を書いた本を読んでいたジュンちゃんと
討論会♪
そこに相手を思う気持ちや
何かをしてあげられる喜びがあると
痴呆も少ないそうです・・・

回りを自然に変えてしまう力はやっぱり、
そう言うことなんだ!!と。
何だか愛を語るのは恥ずかしいけど、
寅夫さんとフサ子さんをみて
つい、語ってしまいたくなるほど感動しました。

上手く内容は伝えられないので
日本テレビのスーパーテレビ
3月8日放送分をチェックしてみて下さい。


3月15日(月)
フェスティバルが終わりまだ余韻が残っています。
久しぶりに会える友人や、
尊敬する作家さん・・・楽しかった!

作品を間近で見られて
本当に良い刺激を受けたのではないでしょうか?
アイザックベルとしては
恵比寿では企業ブースでの初出展・・・
ベアがもっとよく見られるような配置とか
考えると問題はあったけど
来年はもっとこうしたいと目標ができました
(^−^)

そしていつもと違い、嬉しかったのは
たくさんの作品の中から
自分のベアを手にしてもらえる
喜びではないでしょうか?
個人テーブルでは自分の作品とだけ
向きあっていますものね。
そんな実感を手にしてもらえたら、
やっぱり今回は大成功♪

さて今日は午前中はお家のお掃除やミラ君とお散歩。
午後からすごいことになっている店内をお片づけ。
何せラックまで持っていったので、
閉店か夜逃げ(朝逃げ?)と
思われるような状態なんです・・・

そして我慢していた読書をした〜い!!
終わってすぐに新作に取りかかりた〜いと言っていた
北島さんとここが違うポイントだ・・・あはは。

本当に来店してくださった皆さん、
参加してくださった作家さん、
お手伝いのパグさん、ありがとうございました。
感謝、感謝です(^−^)


3月5日(金)
東京は3月だというのに冬のようなお天気・・・
なぁんて言いたくなるくらい2月より寒い毎日です。

気分は春〜〜恵比寿のフェスティバルも近づいてきて
準備におわれています。
私は土曜日にお教室が入っていて・・・
会場には午前中しかいられません。
日曜日会場に来た皆さん遊んでくださいね♪
もちろん初日も午前中はいます。
どんな作品に出会えるのか
今から楽しみにしています。

話は急に変わるのですが・・・
この前急に歯が痛くなりました。
と言っても予防歯科の考え方の
歯医者さんに行ってるので
虫歯は1本もないんです。
(検診が定期的にあるの)
疲れと歯周病のせいなので、すぐに治りました。
その時に聞いたお話で慢性病のように思う病気も
徐々に悪くなるのではなく
階段を上るように急にステップが進むそうです。
それは体の病気も同じ・・・。
その時にどう対処するかが大切だそうです。

英会話でも同じように感じていましたし
テディベアの技術も・・・
でも!
こちらはグ〜ンと上手くなる方のお話ですけれどね(笑)
急に会話がゆっくり聞こえたり
単語が聞き取れるようになったりします。
ベアは目の位置や耳付けも、「そこにつけてよ♪」と
ベアに言われているような気がするときが・・・

そんなときに、いっぱい作ると
きっと自分の世界がグ〜ンと拡がるんだろうなぁ。

by Junko

3月26日(金)
つい最近、鈴木光司著のループとバースデイを
立て続けに読みました。
りんぐ・らせんに続くお話ですが
(「貞子」で話題になった・・・)
『りんぐ』も『らせん』も読んだことは読みましたが
今ひとつ鮮明に覚えているわけでもなく・・・
そんな状態のままひょっこりと
ループが押入から出てきて
どんな内容だったっけ?とページをめくるうちに
再び引き込まれてしまいました。
というより、殆ど内容を覚えていませんでした(_ _;)
映画、マトリックスでも出てくる
『仮想世界』を絡めたお話。
りんぐ・らせんはホラーっぽい印象ですが
実は・・・と種明かしをしたお話が
ループかって感じです。
『仮想世界』・・・
言葉として良く聞くようになったのは
ネットワーク上から広がった言葉に思います。
おままごとごっこも、りかちゃん遊びも
『仮想世界』に変わりないと思います・・・
ネットワーク上・・・というと
身近に感じない人も多いと思いますが
ロールプレイングゲーム(RPG)
(ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどなど)
というとわかりやすいですね。
今ではインターネット上のサーバーに仮想世界を作り
大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム(MMORPG)があって
ヒット作にもなると世界中で43万人が
プレイしているそうです。
そして、その遊びも度を超えると当然中毒性がでてきます。
日本ではそれほど問題になっていないけど
アメリカではすでにゲームの世界のために
現実の生活に支障をもたらしてしまう
という問題性もでているようです
私個人がそこに参加したいっていうことではなくて
『ど、ど、どういうこと!?』って
びっくりしてしまうわたしって・・?
と、『仮想世界』なる言葉が妙に引っかかり
なんとも伝えにくい心情を最近抱えています・・・。


3月16日(火)
1日遅れの更新となりました m(_ _)m
フェスティバルも無事に終わりました。
ご来店いただいたお客様と
関係者のみなさまに改めてお礼申し上げます。
新しい試みではありましたが
そこで得たすべてのことを
次のステップにつなげられるように頑張ります。

みほさんではないけれど・・
活字中毒気味である私。
その割に読めない漢字や知らないことが
一杯なのですが(−−;)

なかには文章の流れになじめなかったり
テーマがなじめないものもあり
途中で読むのを止めてしまうこともあるのですが
想像力をかき立てられるような物語には
時に、現実との比較や自分の考え方との比較など
考えさせられることがたくさんあります。
少しでも多くの本を読みたいなぁと
日々思っているけれど
実際には、なかなか難しいですね。
今は「とりあえず読む」のが精一杯で
読んだことはあるけど
ストーリーや感想を
思い出せなくなってしまうことが多く。
家にある本は大体1年に1度は読み直します(笑)
事情さえ許されるのなら
1日中でも1年中でも本を読んで過ごせる私です。


3月5日(金)
啓蟄(けいちつ)・・・
土の中で冬ごもりをしていた虫たちが
春の気配を感じて外にでてくる・・・
それだけを想像するとちょっと不気味ですが(^^)
春が来たってことですね。
しかし、ここ何日かは冬に逆戻り
というくらいの冷え込みです。
昨夜は思わずおでんにしてしまいました。
こんな時は体調を崩しやいので
気を抜かないようにしないといけませんね。
来週は恵比寿で
テディベアフェスティバルもあります。
出展されるみなさんはもちろん、
可愛いベアに会いに行く!という方も
元気にお祭りを楽しめるように頑張りましょう。

ものごと何でも「極端」はよくない。
という考え方の私。
張り切りすぎてもいけない・・と肝に銘じ(苦笑)
普段より、ほんの少し高いテンションで
フェスティバルの準備に取り組むようにしています。
何たってフェスティバルで
燃え尽きちゃいけませんもの
そのあとには5周年、
そして浜松町のコンベンション・・
オッと、、ズーラシアもありました(笑)

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ

テディベアショップ・テディベア教室
アイザックベル
URL http://www.isaacbell.co.jp
所在地:東京都中野区新井1-14-16-B111 TEL:03-3389-0998
E-mail isaac@isaacbell.co.jp
copyright 1999〜 Isaac Bell All Rights Reserved
このホームページの無断転載、引用は禁止します。