*** 2005年3月 ***

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ
Mihoさんのつぶやき

3月31日(木)
今日で3月も終わり
まだ桜が咲いてない東京って久しぶりの気がします。
4月上旬の 桜祭りがもう葉桜だったり
入学式には桜が終わっていたり
子供の時と比べて
自然の 季節感は少しずれてきました。
温暖化がピンと来なかったのは以前の事・・・
切実に 感じるこの頃! でも行動している事って
省エネくらいしかできていませんけど・・・

この季節はミラとの散歩が気持ち良くて♪
お花でコースを変更しています。
あそこのジ ンチョウゲが良いにおいとか、
向こうのモクレンがつぼみがふくらんだとか
花壇の きれいなお家もチェック済みですから
あっちこっち楽しいです。
もちろん桜が咲け ば,お花見コースになりま〜す!
小鳥のえさ場をつくっているお家もあって
メジロなどが来ます。
ミラを連れている ので怪しまれず
じっくり見学できるのですが
向こうも見られていると感じると
そわそ わしてきます。

以前ダイビングでは
魚の撮影は被写体の横のほうにピントを
決めて油 断させてから撮ったものでした。
殺気が伝わるのかしら〜〜
そういえばお店にやってくる猫ちゃんは
人恋しいらしく
餌に関係なく・・・
授業に 参加してくれるようになりました(笑)
ドア越しですが正座して(?)
じっくり聞いてく れます。
四つ足ベアには逆毛で立ち向かっておりました!!

3月18日(金)
無事に恵比寿のフェスティバルが終わりました。
もしかすると無事じゃなかったかな(^ー^)
だって〜〜
3人とも見事に受賞され、
嬉しくて大騒ぎしていました♪
本当にみなさんおめでとうございます!!

コンテストのお話を少ししようと思います。
私たちはイベントの時に販売するベアを作りますが
それと全く違ったアプローチができるのが
コンテストです。
いつもより厳しい目線で
ベア作りに取り組める事・・・
コンテストの最大の価値ではないでしょうか?
小さな小物のひとつにも気を配り、
ポーズに気を使い・・・
それだけ追い込んだ
「もの作り」をするきっかけをくれます。
素敵なベアが生まれたら,
そのご褒美のように結果がついてくる。
私はご褒美はおまけと思うようにしています。
だって素敵なベアはもう生まれたんですから!!
3人ともご褒美までもらって
本当に良かったですね。

これから挑戦する方に・・・
テーマやお話を先に考えてみるのはいかがですか?
私が受賞したベア達は
本のシーンやそこから想像したものが多かったの。
私の願いは、販売するベアは
ずっと傍においてもらえたら・・・
コンテストのベアは
いろいろな事を想像してもらえたら・・・です。

こんな事を書くと受賞された方に
指導したようですがとんでもない(笑)
3人はご自分の力で
いつも素敵なベアを作られています。
こんなに長い間一緒に続けてくださる仲間である事、
ベアを通して知り合えた方達、
皆さんにいつも感謝しています。


3月7日(月)
先日テレビで人工の尾ひれをもらった
イルカの話を見ました。
沖縄の水族館で28年も飼育されている
「フジ」というメスのイルカ。
たくさんの出産や子育て・・・
またショーにも出演するイルカでした。
でも突然の病気で
手術をして尾びれを切断します・・・
壊死が進んでしまうので
世界に例のない手術となりました。
尾びれは推進力と体温調節の大切な場所。

でもだれにも予測できなかったのはフジの心。
泳ぐどころか浮いているだけの状態になったのは
フジのストレスによるものだったようです。
というのは後からわかった事、
具合が悪いのかと思いますよね。
獣医さんや調教師さん、
そして友人のタイヤメーカーの方が
義尾ひれを付けたのです。
何回もやり直したり、フジの訓練をしたり・・・
とても大変な事を
ひとつひとつクリアーしていきました。
(フジの恐怖も負担もあったようでした)
泳げる喜びを全身で表すフジ
最後まであきらめない
関係者の人たちに感動です。

私は野生のイルカと泳ぐためのツアーに
何回か行きました。
不思議なくらいイルカは心を持っています。
ボートから海に入れなかった
船酔いした友人のところに
イルカが顔を見せに来たそうです。
(小さい子供にも)
追いかけて行く人の所にはイルカは姿を見せず、
みんながっかりしながら
ボートにあがって来たんですよ。
私は待ち伏せタイプ。
進行方向の前で待っていて
潜ったり回転したりしていると
?何だ、こいつは!と少し遊んでもらいました♪
でも素潜りは苦しい〜〜。

癒し効果のあるベアとイルカ、
どちらも大好きです!
恵比寿はぜひ遊びに来て下さいね。
お待ちしています♪

Junちゃんのつぶや

4月1日(金)
更新がエイプリールフールになってしまいました。
これでは何を言っても信憑性が・・・(^^;)
昨日、東京も桜の開花宣言がありました。
といっても、やっと開き始めたというだけなので
桜並木もまだまだ寂しいです。

さて、友人とゴミ捨てについて話したのですが
私にとって
たくさんの気づきがありました。
ゴミの捨て方は自治体によって様々なのは
何となく知っていました。
でも、私の認識の中では
【燃やせるゴミ】と【燃やせないゴミ】の
区別が染み付いています。
なぜなら、私の住んでいる地域(23区)の
回収方法は
【可燃ゴミの日】と【不燃ゴミの日】だからです。
もちろん、資源回収の日などもありますが
瓶・缶と古紙・粗大ゴミ・程度です。
ペットボトルや牛乳パックなどは
スーパーの回収ボックスを利用してます。
気づきというのは、
横浜の4月からの回収方法を聞いたこと。
横浜の分別の基本は【リサイクル可能か否か】となり
例えば23区では不燃ゴミ扱いの
ビニールもビデオテープなども
一部のもの以外は可燃ゴミとして扱われ、
生ゴミと一緒。
細かな取り決めができて
分別の種類も増えたそうですが
考え方としては、とても納得できました。
以前、地方の人から同じように
『ビニールは生ゴミと一緒よ』と
聞いたことがあったのですが
リサイクル云々の話を聞いた訳ではなかったので
とっても不思議だったのです。
分別の数が多ければ優秀ということでもないと思うし
最終的な処理がどのようにされているかが大切ですが
根本的な意識は統一された方が良いと思いました。

3月18日(金)
中野通りも桜祭りの準備が始まりました。
ついこの間まで雪が降ったり寒い冬だったのに
東京は3月に入ると足早に春がやってきます。
恵比寿でのテディベアフェスティバルは
アイザックベルにも素敵な春の風を届けてくれました。
私はみんなのようにベア作りをしていないので
生まれてくるベア達を
のんきに楽しみにしているだけですが(笑)
一緒にいてシアワセな気持ちになれることに
ありがとう!!って思いです。

これからも素敵な作品を
たくさんの皆様にご紹介できるように・・・
楽しいHPになるように私もがんばりま〜す♪

3月7日(月)
さて、前回の話題の続きものになりますが
今回は猫のなる木を発見しました!
↓クリック(^^)


がらりと話題を変えて・・・

リカちゃん人形を知らない方は少ないと思います。
初代リカちゃんは
1967年7月14日に販売を開始しました。
私も子供の頃に遊んだ記憶があります。
でもそれは初代のリカちゃんだったのか
否かて疑問になり
色々と検索をしてみたのですがリカちゃんそのものでは
記憶が定かではありません。
私自身、リカちゃんを持っていたのかどうかさえ・・・
お姉さんのリエちゃんは持っていた記憶があります。
とても優しいお姉さんでした(笑)
そして、いづみちゃんという
リカちゃんのお友達も持っていました。
そう、この子は私の中では
「意地悪ないづみちゃん」でした。
双子の赤ちゃんもいました。
二人で乗れるブランコに乗っていたと思うのですが。
でも、リカちゃんがいた記憶がないのです(笑)
みんなと同じがイヤだった私は
あえてリカちゃんを持たなかったのかも知れない
と思う今日この頃・・・・(苦笑)

一番好きだったのは
リカちゃんファミリーでもなんでもない
「ちーちゃん」という10センチくらいの
小さいお人形でした。
ブルーの衿でオレンジ色のコートのような洋服を着ていて
髪型はくしゃくしゃと記憶しています。
興味のない方には
サッパリわからないという話題でごめんなさい。
今、なぜかそのチーちゃんが
とても懐かしくて心を占めているもので・・・

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ

テディベアショップ・テディベア教室
アイザックベル
URL http://www.isaacbell.co.jp
所在地:東京都中野区新井1-14-16-B111 TEL:03-3389-0998
E-mail isaac@isaacbell.co.jp
copyright 1999〜 Isaac Bell All Rights Reserved
このホームページの無断転載、引用は禁止します。