*** 2004年7月 ***

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ
Mihoさんのつぶやき

7月29日(木)
先日、民間企業研修と言う事で学校の先生方が
プリメーラさんにいらっしゃいました。
(小、中、高校の先生でした)
私の担当する研究科の授業見学や
テデイベア作りを体験してもらいました。
モヘアの型紙写しから始まって
3日間で全部作り上げましたので
先生方も大変だったのでは・・・?

なぜベア作りを始めたのか
きっかけを研究科の皆さんが話しました。
皆さんのエピソードや想いを聞けて
私も嬉しかったです。

今はスピード時代で欲しい物がすぐ買えること
面倒だと思うことをやらないこと。
高校生や子供達が
手芸や手作りをする機会は減っているそうです。
手間のかかる手作りをなぜ長く続けられるのか?
と言う質問もいただきましたが
ベアからもらっているエネルギーや
お教えした生徒さんに喜んでもらえることが
皆さんの主な意見でした。
冷静に聞いていらした先生方も
ご自分のベアができあがると同時に
「可愛い〜〜!!」とおおはしゃぎ・・・
ねっ、ほらやっぱり!

鼻の刺しゅうや難しそうな作業の時に
子供達が受け入れてくれるかどうか
話題になりましたが、ぜひ子供達に
ベア作りを体験させていただきたいです。
例えば目の位置のアンバランスな子ができたって、
可愛いものです。
顔がいびつだって、手が曲がっていても可愛い!

「食育のすすめ」といった記事が
新聞に載っていました。
今の子供達はお米を洗うというと洗剤を入れたり
蒸し器にお水を入れなかったりとか
家庭科の授業では実際にあるそうです。
レンジで、コンビニで、インスタントで
簡単で早く食べられる物ばかり・・・
素材にこだわり、手間をかけた食事をさせましょう
と書いてありました。

テディベアをゆっくり時間と手間をかけて
作っている私たちって・・・
一番贅沢なことしているのかも知れませんね♪

7月19日(月)

予期せぬ出来事・・・って言葉でいうと簡単。

新潟や福井の大雨のニュースを見ていて感じました。
天災は人間の意志の及ぶところではないけれど、
もし自分だったらどうだろうと
いつも考えてしまいます。
上手く言えないのですが阪神大震災のときも
同じ思いでいっぱいになりました。
家族を亡くしたり、怪我をしたり、
家がこわれてしまったりと
被災した方の生活はがらりと変わるでしょう。

阪神大震災の時、
屋根の補強に使うブルーシートを持って
一人で向かった青年の話を聞きました。
何かせずにはいられなかったそうです。
自分は寝袋に寝ながら黙々と働く青年に
勇気づけられた人も多かったと思いますが
逆に周りの人に心配されて
励まされ勇気をもらって帰宅したそうです。

何かが起きたとき、立ち向かっていく強さは
きっと生まれてくると思うのですが、
直面していない今・・・
私にはその力があるのか自信が持てません。
辛い出来事や悲しみを
乗り越えていく力も同じです・・・
病気も同じですね・・・
今、私にできることは
今の自分を取り巻く環境に感謝をして
生きていくべきなんだと思うのです。
何気なく日々を過ごしていく私たちですが、
どんなことにも感謝の気持ちや今を
頑張らなくちゃと言う気持ちが大切。

私の人生を大きく変えるかも知れない出来事は
いつ、やってきてもおかしくありません。
それが恐くて何かをできない自分ではなく・・・
そんなときに乗り越えていける自分を
作っていこうと思います。

大雨の被害に遭われた皆さん、
本当にがんばってください。

7月5日(月)
早いものでもう7月・・・
満月を過ぎたばかりの夜空はとても明るいです。
そうでなくても東京は街の灯りで星空が見えません。
私は星を眺めるのが大好き!
星空に詳しいわけではありませんが
南の離島でダイビングをしてた頃、
大好きになりました。
インド洋の島で月食の時に
暗闇のすごさを発見しました。
水平線の際から一面の星屑・・・
月の明るさで見えていないけれど
本当はこんなにたくさんの星があるんですね。
そしてそれが何億光年も離れたところから
届く光だと思うと何だか・・・。
JUNちゃんと二人で見たことのあるすごい星空は
北アルプスの山小屋から!
白く流れる雲のようなものをJUNちゃんは
『あれはなんだろう?』といっていました。
「天の川・・・Milky Wayっていうから
その通りに見えるでしょう」
と説明しました。
きっと都会に住んでいる人は、
はっきりと見える天の川を
体験したことがない人も多いかも知れませんね。

Junちゃんのつぶやき

7月29日(木)
最近読んだものなかでおきにいりの行があります。
【貧乏神が好きな物は『ため息』と『愚痴』と『悪口』で
貧乏神が嫌いな物は『幸せ』と『感謝の思い』】ということです。
だから、小さなことにも
『幸せだなぁ』って思えたり
『ありがとう』って言える人からは
貧乏神は逃げていくそうです。

貧乏神といってイメージするものは何となく
【お金がたまらない】とかですが
心根が貧しかったりするのも
私は同じ貧乏神だと思っているのです。
どんなにお金を持っていたとしても
愚痴ばっかり、悪口ばかり言う人は
きっと貧乏神と一緒に生きている人だと思うのです。

単純な私は毎日『しあわせだね』って
声に出して言うようにしています。
『こんなにおいしいチョコレートを食べられて
しあわせ♪』
『モモさんと一緒に遊べてしあわせ♪』
『お布団で寝られてしあわせ♪』てな具合に。

ほ〜んと、くだらないかも知れないけど
それだけで心がちょっとずつ軽くなる気がします。
もちろん、たまには愚痴もでちゃうけど
そんな時は『あっ、貧乏神が来る!』って思うと
恐くなって愚痴は極力小さくなります(笑)

しあわせは声に出して言うことが大切なんだそうです。
外ではなかなかできないけれど
その分『ありがとう』って
言えるようになりたいと思っています。

私の知人に外食をして
食事を運んできてもらうと大きな声で
『ありがとう』って言う人がいます。
私はそういう時『ありがとう』とは
なかなか言えなくていつも悔やみます。
『すみません』とか『どうも』とかは
でるんだけど・・・

7月17日(金)
夏といって思い浮かべる物はなんでしょう?
私の場合は真っ先にスイカが浮かびます。
(やっぱり食べ物なんだな・・)
もちろん丸ごとのスイカ。
次は青い空にモクモクと広がる入道雲。
でも、近頃は空を見上げることも少なくなり
ましてや東京なんかに住んでいると
見上げる気にもならなかったり
そんな中、2,3日前かな?
久しぶりに入道雲を見ました。
自転車で走っていると建物の間から覗いた空に
真っ白くモクモクとした雲が・・・
何だかワクワクすると同時に寂しい気分になりました。
なんでだろう?

さてさて・・・
フェルティングニードル講習は
毎回本当に楽しいです。
型紙があって作る物ではないし
自分の中のイメージのままに形成していくということが
色々な物を作り出します。
掲示板でZUKUNASHIさんにいわれて気がつきましたが

私はどうもほ乳類が苦手なようで(笑)

コンベンションで
フェルトキットを買ってくださったみなさん、
フェルト講習で作った作品を完成させたみなさん、
見よう見まねで作ってみたみなさん、
携帯でとった画像で構いませんので
こんなの作ったよ〜ってメール下さい。
HPでご紹介していきたいと思います。
ちなみに私は↓こんなのを作っています


7月9日(金)
自分のつぶやきを忘れていましたm(_ _)m
物忘れがひどいわけではないのですが
何かを始めると「あっ、あれもやらなくちゃ」と
別のことを思い出してそちらをやってしまう。
良くない癖ですね反省・・・。

NHKのBS放送で南極の皆既日食を再放送していました。
番組全部を見られたわけではないのですが
印象的だったのは皆既日食時のペンギンの様子。
あと数分で完全な皆既日食になる・・・
という時になると
「何だか太陽がいつもと違うぞ?」という感じで
ペンギンたちは一斉に警戒音で鳴き始めました。
でも、それはほんの数分のことで
「なんだ、別に危険じゃないや」と悟ったのか
すっぽりと太陽が月に隠れた時には
普段と変わらない様子に戻っているのです。

大地震の前にも色々な動物たちが『何か』を感じて
普段と違う行動をとることは
たくさんの研究の中でも
わかってきていることですよね。
前回お話しした犬が感じる波動もそういう力のひとつ。
人間はどうなんでしょう??
なんでもかんでも便利な道具や機械に任せて
きっと備わっているであろう体で感じられる能力を
深く深く眠らせてしまったのではないでしょうか?
そんなことをふと思いました。

>>>前へ                ふたりごとTOP                    >>>次へ

テディベアショップ・テディベア教室
アイザックベル
URL http://www.isaacbell.co.jp
所在地:東京都中野区新井1-14-16-B111 TEL:03-3389-0998
E-mail isaac@isaacbell.co.jp
copyright 1999〜 Isaac Bell All Rights Reserved
このホームページの無断転載、引用は禁止します。