*** 2007年 9月〜12月 ***

>>>前へ                ミホのひとりごとTOP                    >>>次へ


12月24日(月)
メリークリスマス〜
みなさんのイブの過ごし方はいかがですか?
以前のように豪華ディナータイプの人は減っているとか・・・
家族や友達と一緒にゆっくりするのも良いものです♪
クリスマスで残念なのは大好きな原宿のゴールデンチキンが閉店した事・・・
我が家のクリスマスの定番だったのに!真剣にかなり残念です。
 最近古くからやっている小さなお店が無くなってしまいがち
特に銀座や原宿は次から次へブランドショップのビルが建ち大きなお 店ばかり。  
流行っている飲食店まで無くなってしまいます。  
地方に行っても東京の郊外とあまり変わりらない大型店。これってな んか残念です。

さてアイザックベルの2007年は1day講習会をなるべく多 くやりたいと計画しました。
やはりその日のうちに完成できるのが魅力で初めての方も多かったで す。
他に編み物や洋裁でベアのドレス作りや単発の型紙講習など好評でし た。
来年はその第二弾や新しい課題をやりたいなぁ〜
あくまでも予告ですが四つ足の型紙作りやオープンマウス、
エコクラフトにも挑戦したいと思いますので乞うご期待♪

今年も残すところ1週間・・・大掃除をやらなきゃと私は
絵筆にぞうきん巻いて「これが噂の松居棒〜♪便利」とエアコン掃除など盛り上がりました。
翌日にジュンちゃんはベアエステを・・・
高いところのベアを降ろ して 埃を取りながら
「おかゆいところはございませんか?」などと盛り上 がってました。
平和なアイザックベルの1年はこんな風に過ぎていきます。
きっと来年も(^ー^)同じような時が流れていきそう。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


12月10日(月)

12月!!毎年言っていますが(^ー^)
テディベア講師も走る〜師走がやってきました。
12月アイザックベルは生徒作品展の「クマのなる木」を作り上げると
一気にクリスマスの雰囲気になります。
(大きなクリスマスツリーは井口家で使っていた時代から20年もの。
やっと8年目にはスムーズに組み立てられるようになった・・・)

そして、素敵な一年の締めくくりのイベント 
吉田かつらさんと おおた けあやこさんのふたり展♪
今年はいつもより少し早くいよいよ今週末です。
Merry heart 5「アニバーサーリー」公式HPをみていただけまし たか?
いままでの4年間の様子も見られます。
私は懐かしいやら可愛いやら♪盛り上がってしまいました。
そういえば最初の年はジュンちゃんが
早くからお見えのお客様の視線に (ベアを見ているのですが)
寒い中、外でお待ちいただく事に いたたまれなく・・・
携帯を片手におろおろしていました。
暖かいところでお待ちいただける整理券や
遠方の方には通信販売など 毎回お二人が色々と考えて下さいます。
今年は「アニバーサーリー」というテーマで抽選販売限定ベアが登場!!
もうたくさんのお申し込みが殺到しています。 (まだ間に合います!)
その他の出品ベアご購入は先着順ですが、
今年は購入されたベアちゃん達も後日発送にな りました。
作品は2日間通して会う事ができますのでぜひぜひ遊びに来て下さい ね!!

いつもお客様が言っている事・・・そのままですが
二人のお人柄がそのままでている暖かくて優しくて そんなMerry heart です。
「かつらさんの微笑み」と
「あ〜やんの笑い声」 (あ〜やん♪大きな意味はないからね、この違いに・・・)
今年もきっと幸せな時間が流れるはずです。


11月19日(月)
街には「クリスマスのあしおと」が近づいています。
イルミネーションのライトアップやクリスマスツリーも見かけます。
もうそんな季節?といつも思ってしまう季節。
でも今年は違います♪ 「クリスマスのあしおと」がいよいよ今週末にやってきます。
昨年の今頃にミーナさん、tatasさんから伺ってずっと楽しみに してました♪
二人と私は約10年のおつきあい。
ベアを通していろいろな体験や時間を共有させていただきました。
テディベアには癒しの効果があると良く言いますが
テディベアの友人の癒し効果はもっと抜群です。
一緒にベアを作ったり、お二人の活躍やベアの構想を聞いていると ワクワクしてきます。
あとは上品さとはかけ離れた「大笑い効果」で しょうか??
元気をたくさんいただいて本当に感謝しています。
作品の可愛さ,丁寧さ、レベルの高い作品を作る点は二人とも折り紙付 き。
でも二人の性格は面白いほど違います。だから傍から見ていると面白 い!!
例えばイベントに出展をされるときのユニット名を考えている時には
出てくる名前の候補が違いすぎて・・・決まるわけない。
そのお話はやはり面白すぎるのでぜひ本人から聞いて下さいね(^ー^)
そんな二人の作品展。「クリスマスのあしおと」
ぜひ一人でも多くの方に見ていただければと思っています。

数々の賞をいただいた受賞作品ベアも一挙に展示します。
また二人で一緒に引いた型紙によるコラボベアは作品展のために作った もの。
それからもうお申し込みの受付が始まっていますが、「限定抽選ベア」
ミーナさんの作品はテディベアフェスティバル銀座2005で
二つの 賞をいただいた「 」ちゃんを
この作品展のためにアレンジして 「ノエル」ちゃんとして作ってくれました。

tatasさんの作品は今年全国を巡回して展示されているフレンズ展でも
人気の オープンマウスのベア。
その優しい顔のベアを再現してくれた新作です。
遠方の方でもチャンスがあるように事前に公開する抽選にしました。
でも一番のお願いは、ぜひ本物のベア達に会ってあげて下さいね。
23日24日の二日間、遊びに来ていただけたら、
もれなくお二人の楽しい話が聞けますよ。
(ユニット名の候補だったものも聞けるかも?)
お待ちしています。
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ♪


10月18日(木)
朝晩は涼しくてめっきり秋らしくなってきました。
今年の紅葉は遅れているとか・・・
桜や紅葉のシーズンはワクワク。
わざわざ出かけていかなくてもふと、見かけただけで気持ちが和みます よね。
それに最近天候が変化してしまい、
見頃にあわせて旅行に行くのが難し くなりました。

紅葉の季節ではなかったのですが、先日中仙道を楽しんできました。
夏に奈良井宿という宿に行ったので馬籠宿と妻籠宿。
坂道に沿って続く馬籠宿・・・昔の風景を残したままの妻籠塾。
300年前にタイムスリップしたみたいで不思議な気分でした。
妻籠は日本で初めて古い町並みの保存を始めた場所だそうで、
国の重要伝統的建造物群保存地区になっています。
とても住んでいる方達の意識が高いのを感じました。
他の宿場ではどうしても生活感が出てしまいます。
(住んでいるから当 たり前ですが) 観光地という事で看板がでていたり・・・
でもふと振り返った時に発見 しました! 妻籠宿はすごくきれいだなぁと・・・
妻籠宿はその建物の前に立たないと何のお店かわからない。 看板がないんです。
それなのにお店の前に立つと出梁造りや竪繁格子、
うだつといった江戸 時代の建築に お店がそれぞれ工夫しているようでした。
民家の土間の部分にも江戸時代の道具が飾っていて 小さく
「民家です。家の中に入らないでください」ってお願いしていま した。
なんでも便利な方に流されていく今だから、素敵だなぁと感動しました。

もうひとつの馬籠宿は島崎藤村の生家のある場所。
「夜明け前」はここで執筆されたそうなんです。
確か学生時代に読んだはずなのですがあまり良く覚えていない・・・
そういう本が多いなぁと最近感じています。
読書大好きな私ですが本を読む時間がこのところ減っています。
一番の理由はDS「動物の森」かも・・・
もうすぐ一年経ちますので季節が巡り、そろそろ読書に戻れるかなぁ?

秋は新作の季節でもあります!!型紙色々作って遊んでいます。
教材はもちろん、販売作品にもなるように頑張って作っています。 乞うご期待!!

9月13日(木)
テディベアを作り始めて10年以上になります。
あっという間のような気がしますけれど、印象に残るエピソードも増え てきました。
そのひとつひとつの事がベア作りの財産なんですね。
ベアを大切にしていただける事はとても嬉しい事です。
幼い頃から大切にしていたベアが傷んでしまったり、
連れて歩けなくなってしまったら どうしたら良いかわからなくなります。
でも・・・♪
以前おばあちゃまの子供頃から家にあったというアンティークの犬を
お母様とお嬢さんがアイザックベルに連れてきました。
お顔も可愛くて家族が大切にしている事が伝わってきます。
お母様の子供の頃は触る事も許してくれなかったとか(^ー^)
お孫さんに引き継がれ、赤ちゃんの頃から一緒に寝ていたそうです。
動物の毛で出来ていて左手から木毛と針金が飛び出してしまっています。
今では飾るだけ・・・痛そう。抱っこができなくなりました。
ちょうど似ているウサギの毛皮が手元にあり、話し合い、私がお直しし ました。
おばあちゃまもご家族皆さまが泣いて喜んでくださり・・・私も感動し ました。

それからいつも旅行に連れて行くシュタイフのハッピーのレプリカ。
可愛がられて鼻の刺繍がすり切れてしまいました。
この子もオーナーさんが本当にお直しの場所をあちこち探し続けて 私と偶然、出会いました。
実は私、それだけ大切にしているベアや アンティークベアのお直しは引き受けていません。
それはその方が持っている印象を変えてしまったらと、心配だからなん です。
最近は考え方が少し変わり、私たち作り手がお直しにも愛情をかけてあ げられる!
という事に気がつきました。
そんな事ができるなんて幸せだな〜と思い ます。
そんな体験をされた三村さんの事をご紹介させていただきます。
クラスで相談に持って来た「キューピーちゃん」
初めて見た時はボロボロでしたがとにかく可愛い!!不思議なくらい可 愛いんです。
一緒に考えたり、クラスの皆さんも好きな事を言ってましたが
さすが『ロコちゃん』(三村さんの事です♪)
本当に可愛いキューピーちゃんの雰囲気を残してお直しに成功しました。
すごく素敵なレポートなのでお願いして、載せさせていただきます。

>>>ロコちゃんのレポートを読む<<<

>>>前へ                ミホのひとりごとTOP                    >>>次へ

テディベアショップ・テディベア教室
アイザックベル
URL http://www.isaacbell.co.jp
所在地:東京都中野区新井1-14-16-B111 TEL:03-3389-0998
E-mail isaac@isaacbell.co.jp
copyright 1999〜 Isaac Bell All Rights Reserved
このホームページの無断転載、引用は禁止します。